Metaが目指す、Facebookが実現できなかった未來とは 社名改変の狙いと米國の反応

Metaが目指す、Facebookが実現できなかった未來

 米Facebook社はイベント『Connect 2021』にて、社名を「Meta(メタ)」に変更すると発表した。あまり聞き慣れないMetaという言葉に秘められた同社のビジョンと、今後のFacebookのビジネスがどのように変化していくのかを考察してみよう。

メタバースの実現へ

 そもそもMetaとは、「メタバース」という概念から名付けられたものだ。メタバースとは現在のモバイルインターネットの後にやってくるビジョンで、ユーザー同士がデジタル世界で相互に接続され、物理的な世界ではできないことの実現が可能になる。

 そもそも現在のインターネットやFacebookのサービスでも、他人とつながることは可能だ。しかしメタバースでは、そこに仮想現実(VR)や拡張現実(AR)という要素が加わることで、三次元的な広がりをみせる。ユーザーはVRヘッドセットやスマートグラスを裝著することで、仮想世界で自由に友人や家族とコミュニケーションがとれるようになるのだ。

 メタバースの利用が広がれば、ユーザーは仮想世界の中で會議に參加したり、同僚とドキュメントを共同編集したり、あるいは3Dモデリングなど高度なコラボレーションが可能になる。またプライベートでも、ゲームや映畫鑑賞、フィットネスを友人と楽しむことができる。このように、ネットワークを通じてユーザーがさらに高度なコミュニケーションができるのが、メタバースの特徴だ。

ザッカーバーグ氏の狙いと市場の反応

 FacebookでCEOを務めるマーク?ザッカーバーグ氏は今回の名稱変更について、「2012年と2014年にInstagramとWhatsAppを買収して以來、ブランド名の変更を考えていた」「我々はFacebook第一主義から、メタバース第一主義へと移行する」と語っている。

 今回の社名変更に関する反応はさまざまだ。モバイル広告を取り扱う米MitegralのJeff Sueゼネラルマネージャーは、「Facebookにとって新しいチャンスだ。従來のソーシャルメディアはTikTokが若い視聴者を獲得するなど競爭が激しいが、今回のリブランディングによりFacebookは成長を続けることができる」と好意的に反応している。

 一方で広報會社の米DvMCの創業者ことDini von Mueffling氏は、「Facebookはユーザーデータのプライバシーや民主主義への影響、若者のメンタルヘルスへの問題などを抱えている。今回の社名変更は、それらの問題から目をそらすことができる」と、否定的な見解を述べている。

VR製品ブランドが刷新へ

 FacebookのMetaへの社名変更は、我々ユーザーにどのような影響を與えるのだろうか。今回の発表によれば、SNSサービスのFacebookやInstagram、WhatsAppなどのブランド名はそのまま利用されるという。

 一方で2022年より、Facebook傘下のVRデバイスブランド「Oculus」はMetaブランドに変更され、VRヘッドセット「Oculus Quest」も「Meta Quest」へと改名される。またVRアプリやサービスのブランド名には「Horizon」が採用される。イベントでは、次期ハイエンドVRヘッドセットの「Project Cambria」もチラ見せされた。

 Facebookの事業にとって大きな分岐點となるであろう、Metaへの社名変更。メタバースという新たなビジョンの浸透には時間がかかるだろうが、Facebookのさらなる成長にかけるザッカーバーグCEOの、新たなチャレンジの成否を見守りたいものだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる