『モービウス』を3點で解説 予告編で見える『スパイダーマン』『ヴェノム』とのリンク

『モービウス』で知るべきことを3點で解説

 こんにちは、杉山すぴ豊です。ここ最近のマーベル、DCのアメコミヒーロー映畫まわりのニュースや気になった噂をセレクト、解説付きでお屆けします!

 日本時間の11月2日夜、アメコミ?ヒーロー映畫『モービウス』の最新予告編が全世界同時にリリースされました。ジャレッド?レトが超人ヴァンパイアを演じます。ヒーローと書きましたが元々コミックではヴィランでデビューしたアンチ?ヒーロー、ダーク?ヒーローです。今回は「1.そもそもモービウスとは?」「2.映畫『モービウス』の立ち位置」「3.今回の予告編から見えてくること」の3點で解説したいと思います。

1.そもそもモービウスとは?

 モービウスはMorbius,the Living Vampire=モービウス?ザ?リヴィング?ヴァンパイアと呼ばれる、マーベル?コミックのキャラです。もともとはスパイダーマンのヴィランで1971年の『アメイジング?スパイダーマン101號』でデビューしました。このコミックではスパイダーマンことピーター?パーカーが自らの力を捨てて普通の人間になろうと薬を飲み、その副作用で両脇腹から2本づつ腕がはえてきてしまう! というすごいストーリーに登場しました。そこでピーターは友人で天才科學者のコナーズ教授に相談します。このコナーズ教授はトカゲ怪人リザードに変身してしまうという闇を持っています(アンドリュー?ガーフィールドの『アメイジング?スパイダーマン』のヴィランでしたね)。そこに偶然にもモービウスがからんできて、スパイダーマンvsリザードvsモービウスの三つ巴の戦いとなります。

 モービウスは元天才科學者(化學者)のマイケル?モービウス博士が自身の病気を治すため吸血コウモリを使った特殊な血清を投與してしまい、結果吸血鬼の特性を持つダークな超人になった姿。つまりこのスパイダーマンのエピソードは、くも超人vsトカゲ人間vsコウモリ怪人の戦いです。

 僕が、このエピソードを明確に覚えているのは日本で出版されたスパイダーマンの翻訳コミック5巻(光文社版)で紹介されており僕の愛読書でしたから(笑)。ヴァンパイアですが妖怪?魔物の類ではなく、科學の力で生まれたというのがポイント。そのへんのニュアンスが“ザ?リヴィング?ヴァンパイア=生きている吸血鬼”に込められているのかもしれません。その後、彼を主人公にしたコミックや他のヒーローたちとも共闘?共演するようになります。

2.映畫『モービウス』の立ち位置

 モービウスはマーベルのキャラですが、映畫『モービウス』はアベンジャーズなどのいわゆるマーベル?シネマティック?ユニバース(MCU)の1本ではありません。ソニーズ?スパイダーマン?ユニバース(SSU)というくくりの中の1本です。

『スパイダーマン:ノー?ウェイ?ホーム』(c)2021 CTMG. (c)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

 SSUとはSony’s Spider-Man Universe=の略。ここでいうソニーは映畫會社ソニーピクチャーズのことです。ソニーはMCUがディズニー傘下のマーベル?スタジオで本格的に展開される以前にスパイダーマンおよびスパイダーマンのコミックに登場するキャラの映畫化権を手に入れていました。2002年から始まるトビー?マグワイヤ版の『スパイダーマン』3作、2012年からのアンドリュー?ガーフィールド版の『アメイジング?スパイダーマン』2作はこうした背景の中から生まれました。しかしMCUが盛り上がってくると、コミック同様他のマーベル?ヒーローとスパイダーマンの共演を映畫でも観たい、との聲があがります。

 そこでソニーとマーベル?スタジオが話をしてトム?ホランド版のスパイダーマンはビジネス上は“ソニー籍”でありながら、映畫としては“MCUの住人”である、ということが実現しました。とはいえソニーはMCUに関係なく、スパイダーマン系の映畫を作ることが出來る。

『ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ』(c)2021 CTMG. (c)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

 そうして生まれたのがトム?ハーディの『ヴェノム』『ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ』、そして今回の『モービウス』。さらに先日発表されたアーロン?テイラー?ジョンソン出演の『クレイヴン?ザ?ハンター』(2023年1月13日全米公開予定)です。SSUに、アカデミー賞をとったアニメ映畫『スパイダーマン:スパイダーバース』やトビー版、アンドリュー版のスパイダーマンが含まれるかは諸説ありますが、恐らく“スパイダーバース(パラレルワールドごとにそれぞれのスパイダーマンがいる的な考え)”という関係性を使って、これらも含まれるのではないかと思います。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映畫シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる